So-net無料ブログ作成
検索選択

ドン・キホーテ流、ラ・マンチャの男型 統合失調症の妄想日記 [精神科医]

統合失調症と診断された、団塊世代の(妄想、幻視、幻聴体験)その6

近、いわゆるJ系のスキャンダルが週刊誌誌上を賑わしている。しかし、J系のスキャンダルはタブーらしく、普段芸能好きのワイドショーやスポーツ誌なども、取り上げないことが多い。タブーを怖れない週刊誌とうたう某編集長の週刊誌も、テレビ局のイケメンアナウンサーの職権乱用と女性スキャンダルまでは扱うが、この週刊誌にも同じような弱点を、よく他誌に書かれたりするので、そのさじ加減が難しいようだ。

ところで、私の妄想J体験は、当人のオレがほとんど、その若者が誰が気ずいてないという、ことで、実際、


「気ずけよ!」

と見知らぬだれかに言われても、まったく無関心だったことを告白しておく。[雨]

あるとき、夜行バスで新宿から大阪へ向かったときのことだ。確かに、その一段は、普通の客の列とはちがう環境で乗り込んでいたようで、オレはまったく気がつきようがなかった。

「今日は若い男が多いな!」という程度の認識だった。実際、オレがヒッキーの気にいったDVDを車内での待ち時間にパソコン出してイヤホンして聴いていたら、横のイケメン男が露骨に嫌な顔をした。それを見た運転手が

「お客さん!、車内で発車待ちでも、パソコンはご遠慮ください!!」と言ってきた。

当然ながら、その運転手は「気ずけよ!」という感じで注意をしたのだが、知らないのだから仕方ない。

数か月して、年末の白虎隊のドラマでそのJ系統のYが出ていたので、

そういえば、似ているなと思ったものだ。よりによって、Jが一番安物の夜行バスはないやろ、と思っていたので、不思議だった。

で、団体グループはKJというグループらしいとわかったのは、マネジャーか事務所の係員かオタクのおばさんかは知らないが、腕のワッパにKJという文字を刻んでいたので、その集団がKJらしい、と初めてわかった次第だった。その見せ方も涙ぐましい努力してきた。前の席で、伸びをするように腕を俺の前に伸ばしたり何度もしていたので、降りるころにやっと気ずいた、というわけだった。

その後、関西のテレビ番組でKのメンバーの何人かが、たかじんのトーク番組に出ていた。そのときは、売れていたらしく、売れないころの苦労話をしていた。

オレは即テレビに突っ込みいれていた。

「あの安物の夜行バス移動とはな、J事務所は、売れないKJにはケチや!!」と。

それから間もなくしてKJは移動には新幹線が当たり前になったらしい。オレにはどうでもいいことだけどね。とにかく、顔と名前など未だに一致しない。

今度のAR騒動のメンバーでも、Nぐらいだ。はっきり識別できそうなのは。後は、言われないとわからない。覚えられない。何しろ、統合失調症の妄想だから、気ずかなかっても、怒らないでくれ!!

しかし、Jの総帥らしい顔だけは、多分、妄想の中で会っていたら、忘れられない。 いい男やった!!![るんるん]

場所は書けない。

かなり、危険な香りを放つ。

権力者には、いわゆる「顔」を世間に見せたがる人と、
そうではなく、「顔」をできるだけその業界以外では知られないようにして、権力を握るタイプがあるようで、J系は前者であるらしい。これも妄想ですから本気にしないように。


しかし24時間TV。

「IはCO2を減らす」のかどうか、

大麻王がお見通しらしいけどね。

DSC0000.JPG

2ch見学者のオレには、彼ら2chらの多くが健全に見えてきた。[かわいい]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
[公式] 天木直人のブログ