So-net無料ブログ作成

雑誌月刊誌『創』の主催 緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方」三井環さんや鈴木宗男さんが来る! [政治、経済]

あの裏金告発の三井環元大阪高検公安部長が、でっあげの実刑判決を受け静岡刑務所を出られてから、初めて本格的な講演をされたのは水道橋のYMCAアジア記者クラブでの2月19日の例会?だった。

もとより、わたしはただの一市民としての参加で、何が語られるのかに注目したのと、その後の裏金告発活動が、ザ・スクープなどが、なかったかのようにオリンピック中継を流し、当事者だった有名?の元のようなジャーナリストはテレビ出演と娘らのコネ入社で牙を抜かれ、オレなどそのような人こそ軽蔑しているのだが、誰とはいわない。

自らのガンを売り物にし、CMまででていた御仁だ。彼こそまっさきにこういう集会にかえつけるべきだろうが、彼は来れないのか来ないのか、いずれにしろ、朝の何とか番組で本多勝一流にいえば、ばかっらして、出ている一瞬が時間を確かめようとしたテレビに映り即消した。

ところで、オレがこの集会に興味もっているのは、東京地検の暴走と三井環氏をしてはっきりした捜査について、自公の馬鹿議員や腰のひけた民社議員や迷走する一部連立政権の議員は、一向に動かないのにオレは頭にきている。そこへ『月刊創』という元総会屋系の雑誌は商法改正により、ほとんど壊滅する中、唯一残って発行し続けておられるようで、篠田編集長の執念と経営も含めた手腕には、噂の真相を黒字でやめられた岡留さんに比して遜色ない編集者として尊敬する。と言っても、ややもすれば知識人のマスターベーションのようでは、面白くない。で、昨年、12月末にテーマ特集が「テレビ局の徹底研究」と言うタイトルであったので思わずグラビア見たらオレの大好きな市川寛子さんのページがあり、久しぶりに雑誌を買ったのだった。

いや、編集者の篠田氏の柔軟さは想像以上だったね。何だって載せる。

テレビ局特集では、パブリシティにならないかと思えるような各局紹介記事に加えて、前半では「加速する『テレ
ビ』に出口はあるのか」などという対談を載せ、また、テレビ局小説の柳美里と今野勉(テレビマンユニオン)との対談も入れるなど、バランス感覚が見事な手腕に関心した。つまり、ただ、闇雲に批判するのではなく過去・現在をどう俯瞰しテレビ局の出口の探っているのだ。オレのように、ひとりでマスコミに対して反乱を試みた人間には、手近なバイブル、経典のような特集だった。

それで、このタイミングで三井環氏と鈴木宗男議員が一役買ってでてこられるなら、これは体調悪くてもぜひ、行きたいと思った。まだ、三井環氏の講演の余韻が残ったままだ。このまま、バンクーバーで流されるほど、オレは馬鹿ではない。それも計算のうち。妥協はする。しかし交渉ごとは相手がやる気にならないと、成立しない。

オレがイブラヒモビッチに憧れ実際、もっと早くに妥協してもよかったんだけれども、しっかりした交渉できる以前に、冤罪を警戒すべく、ここにいたったのだ。

出演者:三井環(元大阪高検公安部長) http://www.tsukuru.co.jp/ 鈴木宗男(国会議員) 安田好弘(弁護士) 青木理(ジャーナリスト) 上杉隆(ジャーナリスト) 元木昌彦(元『週刊現代』編集長) 他にも交渉中数人。 司会:篠田博之(月刊『創』編集長) 入場料:500円(当日会場受付でお支払いください) 定員:約250人 主催:月刊『創』編集部/他 日時:2月26日(金)18時~21時。開場17時45分 会場:文京区民センター3階A(水道橋駅、地下鉄後楽園前駅下車) ※文京シビックセンターとは別ですのでご注意下さい。 申込はこちら

ちなみに月刊創はわたしがフリーのコピーライターをしていたときに購読していたときの雑誌のひとつで、その雑誌を見た当時、球団のPR誌の編集者になるきっかけを作った元広告代理店の部長などと会ったときに、その友人画家に「キミはその創という意味を知ってるか?」と問われて、「創造することでしょう」と応えたら、「語源を考えよ! キミ?」と言われたような記憶がある。つまり創=キズをつけることで、人はこころにも物理的にも傷がつき、商品にも疵(キズ)、高価な宝石にも瑕(キズ)をつけるかも知れないが、ものを創造するとはそういうことだという、意味のことを教えられた。

さあ、元三流編集者で、ラ・マンチャの男を自称にドン・キホーテを演じる現代の狂気の統合失調症男の未来は

「KNOW FUTURE」誰にもわからない。しかし、身をまかせれば真実になる。

オレはこのフレーズをたったひとりの女性のために捧げたのも事実だ。
マスコミ就職読本〈2011年度版 2〉新聞・出版篇

マスコミ就職読本〈2011年度版 2〉新聞・出版篇

  • 作者: 月刊「創」編集部
  • 出版社/メーカー: 創出版
  • 発売日: 2009/10/26
  • メディア: 単行本



マスコミ就職読本〈2011年度版 3〉放送篇

マスコミ就職読本〈2011年度版 3〉放送篇

  • 作者: 月刊「創」編集部
  • 出版社/メーカー: 創出版
  • 発売日: 2009/10/19
  • メディア: 単行本



タグ:検察裏金
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

[公式] 天木直人のブログ