So-net無料ブログ作成
検索選択

朝鮮学校の無償化法案論議の埋まらないわたしの意識。 [政治、経済]

http://www.asahi.com/paper/editorial.html 朝鮮学校―除外はやはりおかしい(朝日新聞社説)3月8日付け  高校無償化法案の審議が国会で始まった。対象に朝鮮学校の生徒を含めるかどうかについて、川端達夫文部科学相は「排除の立場では検討していない」と述べ、北朝鮮との外交上の問題は判断基準にはしないとした。  発端は中井洽・拉致問題担当相が、北朝鮮制裁を理由に除外を提起したことだった。鳩山由紀夫首相も先月末、「国交のない国だから、教科内容を調べようがない」と語った。  だが朝鮮学校の教育の大半は日本の学校に準じており、内容も公開されている。「調べようがない学校」ではない。先週は、衆院文科委員会の約20人が東京朝鮮高級学校を視察した。  朝鮮学校が北朝鮮とつながりがあることは事実だ。北からの援助金に運営の一部を支えられる。高校の教室には金日成、正日父子の肖像画があり、修学旅行は中国経由で平壌に出かける。独裁体制維持の手段である主体(チュチェ)思想も朝鮮史などの授業で触れられる。  そうであっても、朝鮮学校で学ぶ生徒への支援の問題と、北朝鮮の異様な体制への対応を同一線上でとらえるのは、やはりおかしい。  子どもの学ぶ権利は、基本的に差別なく保障されるべきだ。核開発や拉致問題で制裁を続けていることを理由に朝鮮学校を支援から外すことは、そうした問題とは関係のない子どもたちにも、制裁を加えることになる。それはあまりにも不当なことだ。  日本の朝鮮半島併合から100年。日本で暮らすコリアンが植民地支配以来の歴史を背負わされた存在だということも、忘れてはならない。  第2次大戦後も日本に残った人は、その後の祖国の分断という状況に苦悩した。北を支持する人、南を支持する人、どちらにも距離を置く人。差別に囲まれ本名すら名乗りづらい日本社会の中で、北朝鮮政府に支援された朝鮮学校が、在日朝鮮人社会のひとつのよりどころになってきた。  現在は、朝鮮学校生の半数程度が韓国籍だ。父母の姿勢も北朝鮮の支持者から反発する人まで様々である。それでも、民族の文化や言葉を大事にしたいという気持ちは共通している。  この問題は、あくまで子どもに必要な学びの保障という観点から判断すべきだ。拉致や核と学校とをことさら結びつけるような発言に、子どもたちは動揺し、傷つく。政治家は想像力を働かせてほしい。  大阪府の橋下徹知事は「北朝鮮という国は暴力団と一緒。暴力団とお付き合いのある学校に助成がいくのがいいのか」と、疑問を呈した。  だが、今冬の全国高校ラグビー大会で、大阪代表として4強入りを果たしたのは、大阪朝鮮高級学校だった。地域に深く根を下ろした学校の子どもたちを、差別する理由はない。


大阪府の橋下徹知事は「北朝鮮という国は暴力団と一緒。暴力団とお付き合いのある学校に助成がいくのがいいのか」と、疑問を呈した。


わたしは橋下知事の政策実行のやり方に批判的で大阪入りは在任中はしまいと、イベント企画もその周辺から仕掛ける構想でその一部は囲碁の関西出身棋士のかつやくなど少しずつ成果がでているのだが、朝鮮学校もすべて対象にすべきかどうかは、差別を助長するというなら、ともかく、北朝鮮(朝鮮総連)の意向を受け、独自のカラキュラムを組み勉強している以上、その教育事態が日本の中の近代=現代の朝鮮文化であり、北朝鮮および朝鮮総連は独自文化を日本の中で育み強力にしたいのなら、断固して日本政府の援助など拒否すべきだ。日本に独自への教育介入されないためにも、その上で、

「だが、今冬の全国高校ラグビー大会で、大阪代表として4強入りを果たしたのは、大阪朝鮮高級学校だった。地域に深く根を下ろした学校の子どもたちを、差別する理由はない。」という朝日新聞社説の結論は民族性独自文化教育の成果の一例としてラグビーでは強いチームが育ったということでいいのではないか。

私は無料HPを開設した当時6年前、古代史への観点から「日本の中の朝鮮文化」(金達寿)などの文献を紹介したときに、日本人と韓国・朝鮮系のいわゆる在日コリアから猛烈な嫌がらせを受けた。その根拠のひとつは、よけいなことをしてくれるな、ということだ思った。もうひとつは、差別に対する猛烈な組織への関与やアプローチに対する違いでその立場が、人によってがらりと変わったことだっだ。しかし、いずれにしろわたしはあらゆる組織から糾弾され、嫌がらせを受け、沈黙せざるを得なくなった。

拉致事件の全貌が明らかになったのはここ15年ぐらいのことだ。それまでは故・小田実などの作家でも、チュチェ思想がいかに素晴らしいかを北朝鮮紀行で書き、結果として金日成・金正日の独裁政権を擁護につとめていたのだ。それは中国訪問でも同じだった。つまり中国には「二つの中国がある」という認識(追記これはエライサンの中国と国民小田のいう市民の中国)は若いころからエッセーなどに書き小説にもしていたのだが、話の特集が潰れる末期発行の単行本では、北朝鮮はいまのようにいうと差別で、故・鈴木武樹が書いていたように、共和国朝鮮とか、朝鮮民主主義人民共和国などという、政治実態とかけ離れた言葉でこの国を呼ばないと、日本人は朝鮮差別と糾弾されたのだ。また、小田実でいえば、娘が韓国系夫人の娘であり、子供時代に親を悩ませたのはわたしは、何人として発想すべきなのか、とときどき迷うというような子供であったそうな。また、小田実は天皇制を批判していた。

信仰的には初詣は奈良の辛国神社へ参るという徹底ぶりだった。(追記奈良は古代朝鮮語で国の意味があるらしい)そういう点では日韓(朝)の架け橋文化人作家である。同じフルブライト留学生が多くはアメリカの走狗になったのとは違う作家・文化人だった。

ところで、私が北朝鮮系の在日と仕事などで関わった連中との体験から考えると、彼らは民団以上に、北への資金送りのために北からの輸入品などを日本で裁き、マネーロンダリングして闇金融で儲ける手段の露骨さを見せていた。彼らは知識人であったが、独自の価値観を持ち、わたしのような鈍感な日本人との約束を破ることなど平気だった。彼らは朝鮮学校が独自教育(金日成・金正日)するのに、共鳴していた。もちろん時代は80年代初頭で、背景は違う。

しかし日本政府のいう教科書高校無償政策援助を求めるのは、逆に納得がいかない。民族問題を持ち出す意図ではないが、独自の民族教育をするのだから、その費用はまず、北朝鮮の同胞およびコリア民族として同胞の韓国系在日の協力を得て、教育するのが筋ではないのか。日本などクソ食らえと思っている連中もいるんだろう。ただし、北朝鮮の学校だけが排除されるのなら、それは差別だと思う。(追記)

教育は等しく政治的だ。政治的でない教育などない。私ら団塊世代は日米軍事同盟の核の傘下の中で行われてきた。結果、アメリカ礼賛文化の洗礼を浴び、支配者や政治家たちは隷属的売国奴となって、いま、空前の若者の格差社会が実現した。

こと、朝鮮学校の場合でいえば、独自文化を維持するためにも、日本政府の政策におもねることこそ、君たちの祖国の崩壊につながることを理解すべきではないか。もとより、余計なお世話だと思う。日本には拉致被害者があり、その方々は高齢化し、家族を引き裂かれている。民間レベルでは当然ながら共存すべきなのだが、そこに諜報活動があることは不思議でない以上、朝鮮学校を除外するかどうかは、子供たちに関係ないというのは、大人の為政者の偽善で日本政府の立場、在日韓国(民団)、朝鮮(朝鮮総連)の立場にとっても、もっとも政治的な問題だと感じる。

差別の問題でいうなら、民族間の差異を強調するほど愚劣なことはない、と思うが、そのことを利用したい諸団体・宗教団体がある以上、どこで線引きするかの問題となる。地方の永住外国人参政権問題は民団の悲願であり、その先に国政選挙がある。じゃ、二重国籍にしやすい国はどっかっていう論議になり、宗教団体はそれ利用してマスコミ批判、政治批判を牛耳る手段に使う。すべては政治的なのだ。この教科書無償化の政策もその影響下から逃れられない。政治的なことが誰のために行われているかが問題なのだ。中井拉致担当相が問題提議したのは当然だと思う。しかし、中井拉致担当相が結果として政治的道具としてしかこの無償化朝鮮高級学校排除につながるのなら、確かにこの法案にこそ問題があることになる。(追記)

橋下知事のいう論理にも一理あると思ったので、この政策が論議され出したときに、十分な論議なくしての朝鮮学校教科書無償化議論は成り立たないと思った次第だ。(追記 追記部分は筆者が法案への認識不足があり、そこを補足したもの。)朝鮮学校だけ除外ならそれはこの法案こそ欠陥法案であり、差別問題を深刻にすることになるね。

このブログで論議はしない。知識ある人たちでやってください。わたしの意見が差別になるのなら、ますますアナーキーになるしかないだろう。








アサヒ・コムトップへ
国をつくるという仕事

国をつくるという仕事

  • 作者: 西水 美恵子
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2009/04/07
  • メディア: 単行本



神の国の歩きかた―萌え萌え日本神話講座―

神の国の歩きかた―萌え萌え日本神話講座―

  • 作者: 日本神話講座制作委員会
  • 出版社/メーカー: イーグルパブリシング
  • 発売日: 2010/01/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

朝日新聞は民主党と北朝鮮の機関紙

高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導に基づいて行われており、明らかに北朝鮮の学校である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
伝統的に自発的に民主党と北朝鮮の機関紙であることを標榜している新聞もある。
高校無償化は民主党の得意技である人のカネ(税金)ばら撒きによる集票策の一環。
by 朝日新聞は民主党と北朝鮮の機関紙 (2010-03-08 17:42) 

TORAYOSA

コメントありがとうございます。旧社会党が拉致疑惑を最後まで認めなかったことは認識しております。福島党首について、どうこういう立場にはありません。わたしは民主党の政策について、是々非々を論じる立場で、朝日新聞が民主党の機関紙・北朝鮮の機関紙なら、小沢批判よりも東京地検の暴走批判、検察の裏金批判すべきと考えております。ちなみにわたしは、意図的にすべての新聞の購読をやめております。

福島社民党が連立政権の立場でどういう議論されようとご自由かと存じます。
by TORAYOSA (2010-03-08 20:06) 

torayosa

この記事について、わたしは瀬戸内新聞様およびその後のブログ等を読み、また報道の意図や法案内容をある程度理解できましたので、朝鮮学校にも適用されるようになるべきだと、わかりましたので、瀬戸内新聞様のブログなどのご指摘の通り、人種差別につながるのなら中井大臣を更迭すべきだと存じます。

わたしの体験での北朝鮮(在日)との付き合いで(仕事)で負の部分を見てきてしましたので、問題提議したのですが、人種差別につながるのなら、この記事は残しておきますが、意見は取り下げます。

ま、いい出会いもありますしね。そのときに特別な意識したこともありませんし、わたしの出自を知られても、私はなんとも思わなかったし、そのことで特別な感情もったことありません。ただ、被差別部落差別については、身近な問題として小さな子供の時代からいろいろあったので、認識がよくわからないのです。一応、井上清の本読んだりとかとか解放同盟の集会とか行ったこともありましたが、自身いまも徹底糾弾されているようですから、妻子とも別れ、とくに個人ではなくマスコミや政治家(創価・公明含む)に対しては、思うところがあり、10年計画でマスコミ焦土作戦を実行していまに、いたっています。よく生きてこれたと思っています。

とことん付き合いますよ。わたしの方法で。それがだめなら、それでもいいです。わたしは生きてることに誇りもっていますし。似非知識人や権力者やその団体には徹底的に戦います。休戦もしますが、圧力を賭ける限り、不毛な消耗をマスコミはするだけです。いくら、動因かけても、流れは簡単には止まらない。

だから、「政権交代」した民主塔中心の連合政権には整合性を高めていただきたいのです。
by torayosa (2010-03-17 13:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

[公式] 天木直人のブログ