So-net無料ブログ作成

あべともこ の決意表明 [政治、経済]

わたしは実際におあいしたことがる政治家の行動を基準にものごとを理想と現実にわかて考える傾向がある、また、ファンやサポターとしては眺めるより少し深くをモットーにしてきた。群れない。自由気ままに。腐らず。
市民運動の嫌煙運動でもそうだった。地味に健康被害の季刊誌を無償で編集していた。阪神タイガースのPR誌編集長の多忙の中でだ。そして10年後に事態はここまで禁煙が広がり。20年後は受動喫煙被害が減ることになった。

そのひとりにあべともこ氏がいる。確かに社民党に見切りをつけ「みどりの風」はないやろ、と思ったら「未来の党」で夢見て果たせず、気がつけば民主党だ。しかし、人間的には地道な活動を続けた結果の選択だろうと、山本太郎氏の主張にならい、良い方に解釈している。

よって、例年の通りメルマガ転載をして藤沢を拠点としたご活躍を期待している。

27-DSC_6055 (640x428).jpg

/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/

  前衆議院議員・小児科医 あべともこのメールマガジン
\^o^/「カエルニュース」 416号 2014/11/30 \^o^/
http://www.abetomoko.jp/

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


   ★☆ 民主党公認候補予定者となるにあたって ☆★

 2012年暮れに発足した安倍政権の主権者無視の暴走を止め、現在
の小選挙区制という制約の中で、国民・有権者の民意を広く受け止
めて、政治を本来の立憲主義に立ち戻らせるために、民主党公認で
来たるべき衆議院総選挙を闘うことを決意しました。
 東日本大震災と相次ぐ原発事故を経験した我が国においてはじめ
て行われた2年前の選挙にあたって、私自身「日本未来の党」の創
設にかかわり、またその比例区でいただいた得票によって衆議院議
員5期目の活動が可能となりました。
 藤沢・寒川で5度選んで下さった地元の皆さんの信任は勿論のこ
と、「卒原発」を掲げた政党に寄せられた民意に応えるべく、この
2年間の国会活動では超党派の「原発ゼロの会」の事務局長を務め、
東電福島第一原発事故の1日も早い収束や高線量下に必死の作業に
従事する皆さんの被ばく管理の改善のために法案を準備しました。
さらに、国が進める無謀な川内原発再稼働や身勝手な原発輸出にも
徹底した論戦を求め、国会内で議論の場すらないエネルギー政策に
関しても「国会エネルギー調査会」(準備会)を立ち上げ、原発ゼ
ロ、省エネ・再エネ推進を図って参りました。国民は、あれだけの
原発事故があってもなお、エネルギーを自分達で選ぶことすら出来
ない(エネルギー主権不在)状態にあります。それは、安倍政権が
民意を問うことなく、推し進める原発回帰をみれば明らかであると
思います。
 同様の主権者無視は、いわゆるアベノミクスという経済政策をめ
ぐっての身勝手な解散でも如実ですが、同時に昨年暮れ以降、国家
安全保障会議(NSC)の発足、特定秘密保護法の強引な成立、国家
安全保障戦略の策定、さらに本年に入り相次ぐ閣議決定による武器
輸出解禁、集団的自衛権を含む武力行使の容認など、国会無視、憲
法違反の安全保障政策にもあらわれていると思います。
 今こそ立憲主義の原点に立ち返り、国民に国の未来を問うべきと
考えます。
 私はこの2年、日本未来の党の代表を嘉田前滋賀県知事から受け
継ぐ形で務めましたが、前回の選挙直後に「生活の党」と分裂した
ため政党要件を失い、政治団体として存続させてまいりました。今
回の選挙を政党として闘うことの出来ない制約は大きく、またこの
選挙が民主主義の原点を問う選挙であることに鑑みて、格差是正・
立憲主義を掲げる民主党に合流致しました。藤沢にゆかりのある片
山哲氏の立憲主義に学び、真の国民政党をつくる一翼となりたいと
考えています。
 これまでご支援いただきました皆様のご厚意にたがうことのなき
よう、安倍政権の憲法改正の思惑を打ち砕き、日本の未来と世界の
人々の平和的生存をともに実現できる政治を体現して参る所存です
。重ねてのご支援をよろしくお願いいたします。

 2014年11月25日

                      阿部 知子

【スタッフより】

○このメルマガは選挙期間中は配信できません。ツイッターとホー
ムページで随時発信して参ります。
 ツイッター @abe_tomoko
 ホームページ http://www.abetomoko.jp

○あべともこ事務所ではボランティアを募集しています。短時間で
も結構ですので、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

■□■ 藤沢事務所 ■□■
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-13-13 藤沢共同ビル1F
Tel:0466-52-2680 Fax :0466-52-2681
E-mail: inochi@shonanfujisawa.com

■□■ 寒川事務所 ■□■
〒253-0105 神奈川県寒川町岡田338
Tel:0466-73-0016 Fax :0466-73-0016

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
編集・発行: あべともこ事務所
登録申込・解除、HP : http://www.abetomoko.jp/
ご意見・お問い合わせ:http://form1.fc2.com/form/?id=666864
当ニュースに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、抜粋・改変によるものは禁じます。

DSC_6574.JPG




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

[公式] 天木直人のブログ