So-net無料ブログ作成

熊紋美子大好きの景色((その事実13) [政治、経済]

昨日、私信として公開可能なところを熊紋美子さんにお手紙と現代の「高津の富」一通を添えて、さらに自分のプロポーズ大作戦の小説シリーズアナログをお送りした。


pika01 (256x300).jpg

拝啓 ○○美子 さま

私の手元に『マンガ能百番』があります。もとより、私が瀬戸内寂聴描く『秘花』の物語で世阿弥の晩年を知り得たとしてもいわゆる能など一度か二度しか観劇したことがあっただけで何も知りません。しかし世阿弥の描く世界が花伝書を知らなくても、原太郎の講義録の新鮮だけは頭の片隅に残ったものです。 この本の最初は「葵の上」(あおいのうえ)どした。 増田正造氏の解説によりますと、 「サルトル夫妻の時の招待能も、海外公演で必ず選ばれるのも葵の上」だそうどす。〝源氏物語〟が日本文学史上の金字塔であるゆえんは〝恋の葛藤〟が主題だからだそうどす。 「誇り高い六条御息所(みやすどころ)、天皇皇太子妃。七歳年下の恋人光源氏。その恋の距離。源氏の正妻・葵の上から受けた……」 作画渡辺睦子さんは当時二十代前半の女性でいわゆる絵を専門に勉強したことがないそうですが、天才的な画力があり、能についてすべて十二コマのマンガ表現しておられました。 巫女が梓弓をかき鳴らす そのかすかな響きが、 水紋のように広がってゆき、 闇にさまよえる魂を招き寄せる。 招かれた魂は、何を告げるのじゃろう。何を嘆くじゃろ。 もとより、私が光源氏になぞらえるなど不遜、まちがってもありえないドン・キホーテ。しかし冒頭の梓弓かき鳴らす かすかな響きが、 私の魂を招き寄せるとしたら、それは、あなたのあの〝鉛筆〟に込められた魂が何を告げるかしりとうございます。 八月吉日
小説の中間報告に添えて

数詞 一



CLVZzxbUkAA-mDQ (599x390).jpg

CLOjApKUwAA9N9v (422x750).jpg



以下たんぽぽ舎からの転載です。

CLVUg2cUEAE1ENw (422x750).jpg


たんぽぽ舎です。【TMM:No2552】 2015年8月1日(土)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします 転送歓迎 ━━━━━━━ ★1.安保(戦争)法制と原発再稼働は“密接につながる” 両者を包括的にとらえてほしい-シールズ・総がかり行動の人々に要望 再稼働は日本を滅ぼす  連載30 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク) ★2.8月8日(土)から11日(火)の九電川内原発行動について 5つの情報・お知らせ       原発現地へ行く会(事務局Y) ★3.「おおまちがい といえば 大間原発」(核燃サイクル= プルトニウム生産=潜在的核保有能力=のフン詰まり状態を なんとかしたいフルMOX原発) その下北半島大間の地で行われた大マグロックコンサートに続く 現地集会で、さし迫っている鹿児島原発再稼働は 許さないの声で川内原発を包囲しようと呼びかけた 伊藤晴夫 (たんぽぽ舎ボランティア) ★4.新聞より4つ ◆裁判で原発事故究明を (8月1日東京新聞「金曜日の声・官邸前」より) ◆東電元3幹部 強制起訴へ 「原発 万が一に備える義務」 (8月1日東京新聞朝刊1面より抜粋) ◆事故回避 再三の機会放置 国も安全対策ブレーキ (8月1日東京新聞朝刊2面「核心」より抜粋) ◆市民の力 扉開いた 東電元幹部強制起訴へ 避難女性「無責任許さぬ裁判に」 告訴団・弁護団「やっとここまで」 (8月1日東京新聞朝刊29面より抜粋) ━━━━━━━ ※8月5日(水)2つの抗議行動にご参加を! 1.8/5(水)抗議行動 17:30から18:30 九州電力川内原発再稼働反対・九電東京支社への抗議行動 場所:有楽町電気ビル前(JR有楽町日比谷口下車) 主催:再稼働阻止全国ネットワーク 2.8/5(水)抗議行動 19:00から20:00 東電は原発事故の責任をとれ第23回東電本店合同抗議 東京電力本店前 呼びかけ:テントひろば/たんぽぽ舎 賛同:東電株主代表訴訟など122団体 ━━━━━━━ ┏┓ ┗■1.安保(戦争)法制と原発再稼働は“密接につながる” |  両者を包括的にとらえてほしい-シールズ・総がかり行動の人々に要望 |  再稼働は日本を滅ぼす  連載30 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク) 1.私たちの認識と活動 原発反対や原発とめようを軸に 1989年以来、26年活動してきたたんぽぽ舎は、2011年3月11日の東京電力福島第一原 発大惨事からは、福島支援-原発再稼働反対に全力を注いでいます。 さらに最近は、安倍内閣の安保(戦争)法制に反対し、安保法制化と原発の密接な関係 を指摘、バクロし、両者はつながっている、両者を包括的にとらえて闘おうとよびかけ てきました。それは、たんぽぽ舎の毎週金曜・首相官邸前抗議行動のビラ(3000枚)と日刊 メールマガジン(約6000件のアドレス)で、小文を掲載し、訴えてきました。山崎久隆さ んの文、渡辺寿子さんの文、柳田の文などを掲載-戦争になると最初に攻撃されるのは 原発であり、軍事基地(沖縄)であると訴えてきました。また、原発産業と兵器産業が重 なっていることをアピールしてきました。 2.人々の積極的反応 私たちの訴えやビラに対して、「シールズ」に集う若い学生も、「総がかり行動」に参 加する人も好意的反応が一段と多くなってきました。 初期の頃は、ビラの受け取りは多くありませんでしたが、7月に入ってからは毎週金曜 のたんぽぽ舎のビラの受け取りは良く、又、メールマガジンへの反応も多くなりました。 3.「総がかり行動」のスローガンに欠けているもの 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委主催の行動にも、たんぽぽ舎女性陣を中 心に「もう原発やめよう」、たんぽぽ舎のノボリ旗を掲げて、かかさず参加してきました。 その中で気になったことは、10本以上のスローガン(総がかり行動のレジメ)に、1つ も原発のスローガンがありません。「安保(戦争)法制と原発再稼働」の関連性を訴えるス ローガンもありません。安保(戦争)法制反対運動・集会が原発反対運動と切断されてい ます。大変残念です。もったいないです。 4.9・23集会の2大スローガンを支持する 「さようなら原発」一千万署名 市民の会(内橋克人、大江健三郎、落合恵子、鎌田慧 、坂本龍一、澤地久枝、瀬戸内寂聴)が主催し、協力が「戦争させない・9条壊すな!総 がかり行動実行委員会」のビラ・大見出しは「9・23さようなら原発、さようなら戦 争全国集会-NO NUKES NO WAR-」です。 原発再稼働反対と安保(戦争)法制反対の2つを、2大スローガンとして並べて開かれ る集会です。 私は、この名称の正しさを思い、心から支持します。(もっと早く出してほしかったが…) 願わくは、8月の総がかり行動(毎週火曜と木曜の行動、8月30日の10万人集会)でも、こ の2大スローガンの趣旨、精神の正しさを受け止めて、両者の運動を盛り上げてほしい。 1プラス1は3以上になる。逆に、運動の不結合・分断は、支配層(安倍政権)を喜ばす。 ┏┓ ┗■2.8月8日(土)から11日(火)の九電川内原発行動について |  5つの情報・お知らせ └──── 原発現地へ行く会(事務局Y) 1.原発現地へ行く会が用意した飛行機に乗る参加者が満員(105名)になりました。 これ以降の参加申し込みはキャンセル待ちとなります。 よろしくお願い致します。 2.鎌田慧さんら10人の呼びかけ人と超党派の国会議員の賛同による「川内原 発へ行く基金」(原発現地へ行く会)は、皆さまのご協力により、カンパ総額 が400万円に近づきました。あと一歩です。 航空料金は、代理店の「HIS」 から702万円(105名で1人6万円+1部 キャンセル料)を8月4日(火)までに 支払ってほしいといわれています。 従って、8月4日に支払う(1部借入金で)予定です。 参加申し込みをされた方で、まだ「参加費3万円」を収めていない場合は 8月3日(月)以降、早急に以下の口座にお振り込みをお願い致します。 ・ゆうちょ銀行 郵便振替口座番号 00190-0-361095 加入者名 原発現地へ行く会 振込用紙に「参加費」と明記願います。 引き続き、皆さまよりのカンパ協力をお願い致します。 3.8月1日(土)NHKの報道…「九州電力は、再稼働の時期について、 31日、原子力規制委員会に対して最終的な設備の検査などを終え、早けれ ば今月10日にも再稼働させる計画を報告しましたが、関係者によりますと、 11日以降に再稼働させる方針であることが分かりました。」 4.川内原子力発電所1号機起動時期に関するNHK報道について 平成27年8月1日 九州電力株式会社 本日のNHKのニュースにおいて、「川内原発1号機の起動の時期を8月11日以降と する方針であることがわかった」と報道されておりますが、当社が発表したものではあ りません。 当社は、川内原子力発電所1号機に関し、8月10日以降、準備が整い次第、原子炉起 動することを目指しておりますが、現時点で、具体的な日程について決まったものはあ りません。    九州電力ホームページより 5.私たちの方針 「川内原発再稼働のスイッチを押させない」と再稼働反対方針で活動して いる鹿児島の3・11実行委員会の方針は「9日(日)の集会は予定通り実 施」「10日(月)の行動は、8月4日に話し合う予定」です。 従って、私たちは予定通りの日程で出発です。 8月8日(土)19:10発(第1陣)、9日(日)08:15発(第2陣)も共に予定 通りです。 ☆問い合わせ:「原発現地へ行く会」TEL 070-5019-5907 FAX 03-3238-0797 「鹿児島3・11実行委員会」TEL 099-248-5455 FAX 099-248-5457 CLO9zTPUwAARS4n (505x750).jpg 掲載の写真絵葉書はあさこはうす小笠原厚子さんに不定期で送付しているシリーズです。 以前はは映画「北のカナリアたち」シリーズでした。今回の再稼働問題に鑑み大間の工事は中止するしか道はないと感じており、たんぽぽ舎さまの活動に深く学ぶものです。 ┏┓ ┗■3.「おおまちがい といえば 大間原発」(核燃サイクル= |  プルトニウム生産=潜在的核保有能力=のフン詰まり状態を |  なんとかしたいフルMOX原発) |  その下北半島大間の地で行われた大マグロックコンサートに続く |  現地集会で、さし迫っている鹿児島原発再稼働は |  許さないの声で川内原発を包囲しようと呼びかけた └──── 伊藤晴夫 (たんぽぽ舎ボランティア) 全国からミュージシャンが手弁当で駆けつけて8回目となる、今年の大マグロックコ ンサート(7/18 土~)では午後1時きっかりに澤地久枝さんが呼びかけた《アベ政治 を許さない!!》の連帯メッセージを参加者全員で掲げて意思を確認しました。 そして翌日の大間原発建設反対現地集会では、たんぽぽ舎と「再稼働阻止全国ネットワ ーク」から、九州電力が再稼働をねらう8月10日には、鹿児島・川内に集まろうという緊 急アピールと、それを支える《川内原発へ行こう基金》※ への協力を訴えました。 この集会と引き続くパレードの様子は、ユーチューブにアップされています。全編を見る には2時間以上の時間が必要ですが、敢ておすすめします。 川内原発への訴えは28分50秒あたりから。それに引き続く「原発いらない福島の女たち」 の黒田さんの訴えや、各地の現場で戦うなかまのアピールには貴重な情報ももり沢山。 そして地元大間町に暮らす方々も注目する、大間原発建設反対町内パレードの様子(工夫 )も要注目です。 YouTube 大間原発建設反対現地集会2015 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=OUpP9nPfYrk ※菅直人元首相の呼びかけ⇒ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12053708084.html ◎本稿は、7月23日発信の【TMM:No2543】のレポート「『大間原発』建設を止めよう! 大間原発ロックコンサートに参加して(7/18-19)」=山田和秋さん (たんぽぽ舎ボラ ンティア) の続きです。 ┏┓ ┗■4.新聞より4つ └──── ◆裁判で原発事故究明を 川崎市麻生区、主婦門平きょう子さん(61) この脱原発デモに参加する前に、安全保障関連法案に反対する集会にも行ってきた。 2つの問題に共通するのは命の大切さ。子や孫に普通に暮らせる社会を残したい。そ れがわれわれの責任だ。 東京都杉並区、無職丸山暢久さん(67) 東電元会長ら旧経営陣3人が強制起訴されることになったのは非常に良い。裁判の 過程で責任の所在や原因を究明するのは最低限やるべきこと。その前に早く廃炉にし なくてはいけない。(8月1日東京新聞「金曜日の声・官邸前」より) ◆東電元3幹部 強制起訴へ 「原発 万が一に備える義務」 東京電力福島第一原発事故の刑事責任をめぐり、東京地検が二度不起訴とした東電の 勝俣恒久元会長(75)ら旧経営陣3人について、東京第五検察審査会は31日、業務上過 失致死傷罪で起訴すべきとする2回目の議決を公表した。3人は今後、裁判所が指定し た検察官役の弁護士が強制的に起訴する。市民の判断により、原発事故の刑事責任が初 めて裁判で問われる。 選挙権のある国民から選ばれた審査員11人による議決で、7月17日付。他に起訴議 決が出たのは、武藤栄(さかえ)元副社長(65)と、武黒(たけくろ)一郎元副社長(69)。 検審は議決で、「原発事業者は『万が一にも』発生する津波、災害にも備えなければな らない高度な注意義務を負う」と指摘。勝俣元会長らを「福島第一原発に高さ15.7メー トルの津波が襲う可能性があるとの試算結果の報告を、遅くとも09年6月までに受けた が、必要な措置を怠り、津波による浸水で重大な事故を発生させた」とした。 東電は07年7月に柏崎刈羽原発事故などを経験し、原発が浸水すれば電源を失って重 大事故が起きる危険性を把握していたとも指摘。勝俣元会長らは福島第一原発でも地震と 津波による事故発生を予測でき、運転停止や防潮堤の建設などの対策を取れば、事故を 避けられたと結論づけた。 事故では、近隣病院の入院患者が避難を余儀なくされ、衰弱死するなどした。検審は、 原発の建物が爆発した際に負傷した東電関係者や自衛官ら計13人と、死亡した患者計44人 を被害者と判断した。 (後略) (8月1日東京新聞朝刊1面より抜粋) ◆事故回避 再三の機会放置 国も安全対策ブレーキ 東京電力福島第一原発事故の刑事責任が、初めて法廷で裁かれる。東電の勝俣恒久元会 長(75)ら旧経営陣3人を「起訴すべきだ」とした31日の東京第五検察審査会の議決。原 発には巨大な危険性がひそみ、「万が一」に備える高度な注 意義務があったと、明確に判断した。今後の裁判は、何度もあった事故回避の機 会を放置してきた日本の原発政策の是非が問われる場でもある。 (後略) (8月1日東京新聞朝刊2面「核心」より抜粋) ◆市民の力 扉開いた 東電元幹部強制起訴へ 避難女性「無責任許さぬ裁判に」 閉じかけていた司法の扉を、市民が開いた。未曽有の被害をもたらした東京電力福島 第一原発事故から4年4カ月。31日に検察審査会が公表した議決に基づき、東電の歴代 経営陣3人が強制起訴され、刑事責任を追及する裁判が開かれることが決まった。福島 県内をはじめ各地では今もなお、11万人が避難生活を続ける。この日を待ち望んだ人々 は喜びの声を上げ、法廷で事故の真相が語られることを期待する。 「絶対に起こしてはいけない事故を起こしたのに、誰も責任を問われないのはおかし い。起訴議決は市民の良識の表れだ」 原発事故で福島県南相馬市の自宅を追われ、神奈川県愛川町で避難生活を続ける山田 俊子さん(74)は、この日の起訴議決を、たまたま用事で戻っていた自宅のテレビで知った。 (後略) 告訴団・弁護団「やっとここまで」 検察審査会が入る東京地裁の前では、福島県民らでつくる福島原発告訴団の人たちが 「強制起訴」「市民の正義」と書かれた垂れ幕を掲げ、喜びの声を上げた。 弁護団からは「市民の正義感が裁判のドアを開いた」と、議決を評価する声が相次いだ。 「11万人の避難者がいまだに自宅に戻れず、甚大な被害を引き起こした事故の刑事裁 判を、怒りと悲しみの中で切望してきた。やっとここまで来た思いだ」。事故から4年4 カ月。団長として先頭に立ち続けた武藤類子さん(61)=福島県三春町=は、記者会見で 目を潤ませた。 (中略) 海渡雄一弁護士は、議決が「コストよりも安全対策を第一とするのが、原発にかかわる責 任ある地位にある者のあるべき姿勢だ」と判断した点を評価。「市民にとっては当然の考え であり、不起訴とした検察の判断が間違っているのは明白だ」とした。 (8月1日東京新聞朝刊29面より抜粋) ────────── ☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」 へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。 郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856 【編集部より】 メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。 1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため 日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字 以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。 2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及 び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。 送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。 なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の 都合上すべてを掲載できない場合があります。 たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。 予めご了承ください。 ────────── ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「新着記事」を ご参照下さい。 ◆メールマガジンをお送りします たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を 発信しています。 ご希望の方は、件名を「メルマガ受信希望」としてご自身のEメールアド レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。 違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。 たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があります。 ────────── たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797 HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net 「ちきゅう座」に掲載された記事を転載される場合は、「ちきゅう座」からの転載であること、および著者名を必ず明記して下さい。 交流の広場 [交流の広場への投稿] たんぽぽ舎から TMM:No2552 2015年 8月 2日 New! 東京電力勝俣元会長ら業務上過失致死傷で強制起訴/司法の隠蔽体質にメス 2015年 8月 1日 New! 若山哲男さん共に頑張っていきましょう!統一戦線内論理学と平成革命2015《憲法<政治学(政党)<経済学(資本主義分析)<歴史学(唯物史観と時事史観) 2015年 8月 1日 New! たんぽぽ舎から TMM:No2551 2015年 8月 1日 New! テント日誌7月30日…暑さの盛りというほかない一日/8月3日・映画会とお話の会 2015年 7月 31日 New! テント日誌7月28日…鶴見俊輔さんの著作を今一度/川内原発現地に支援を 2015年 7月 30日 New! たんぽぽ舎から TMM:No2549 2015年 7月 30日 New! たんぽぽ舎から TMM:No2548 2015年 7月 30日 New! OurPlanetTVでは今夜21時に、 原発再稼働に反対して首相官邸前に集まった人たちの姿を、 100分のドキュメンタリーにまとめた小熊英二監督の ドキュメンタリー「首相官邸前で」と スタジオトーク番組をライブ配信します。 2015年 7月 29日 たんぽぽ舎から TMM:No2547 2015年 7月 28日 催し物案内 ストップ!川内原発 再稼働ありきの高経年化審査を問う 緊急院内集会と政府交渉 8月4日(火)13:30~17:00衆議院第一第6会議室 New! 7/31 どうする?!核のゴミ-最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム New! 【講師変更のご案内】 7/30 【公開研究会】 クマール・スンダラムさんのお話しをききインドの原発事情を学ぶ会2 ~インドへの原子力輸出と脱原発運動~ 【緊急報告会】ハワイTPP閣僚会合で何が起こったのか? 「宇宙と平和」国際セミナー@京都  宇宙戦争も核戦争もNO!――「ミサイル防衛」「集団的自衛権」の真実を探る 日本のバークレーである左京区から反撃ののろしを上げましょう!フリートークですので7・30「戦争をさせない左京1000人委員会結成集会―フリートークの集い」にぜひご参加下さい! 8.22 被ばく70年・ふくしま映画祭のお知らせ 不適切な審査で老朽化原発の運転が図られている :【院内集会】および【規制庁ヒアリング】への参加を呼びかけます 原子力資料情報室 第87回公開研究会/原発輸出反対! 国際連帯シンポジウム 福島被ばく訴訟 裁判傍聴のお願い:井戸川克隆さん 福島被ばく訴訟 呼びかけビラ 検索 新ちきゅう座検索>>検索について 新旧ちきゅう座串刺し検索 ちきゅう座からのお知らせ ちきゅう座第10期目がスタート 2015年 5月 27日 ちきゅう座第10回総会に向けて:運営委員長からのご挨拶(再掲載) 2015年 4月 29日 ちきゅう座は第9期がスタートしました 2014年 5月 26日 ちきゅう座総会のお知らせ 2014年 5月 7日 5/24第9回ちきゅう座定期総会 2014年 5月 1日 


*このSo-netブログはなぜか強調文字や引用にすると崩れますが、そのSo-netの実態をさらす意味でもあえて、このブログを使っていますが、これはネットメディアといえども体制に組み込まれていることに抗議する意味を含まれています。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

[公式] 天木直人のブログ