So-net無料ブログ作成

10年前の統合失調症の記憶 [blog]

統合失調症と診断された、団塊世代の(妄想、幻視、幻聴体験)その8


たとえば、たとえば、どういうわけか、NMのようなファンの歌手が突然現れて、周りから、突然、「よう、おめでとう。ハワイや!!」いわれても、

おじんの私は何にも反応でいなかった。確かに、彼女の「ひとり」というバラードにすごくひかれて、CDがすりきれるほど、クルマに乗っているときは聴いたが、それと本人との結びつきは別モノだと思っていた。

確かに、シングルでも最近といっても一昨年の春になるが、「MY SUGER CUT」という曲が気に入っていて、いまもお気に入りの曲を聴くメニューに入れている。
だから、本物がセレッソ大阪の売り娘に変身していたら、飲めないビールも買ってしまうのは、やむをえなった。


映画の『NANA2』は新宿ロケがあったというので、おじんファンが新宿ロケのあった場所にこだわり、奈良吉野から新宿へ映画を観に来たからといって、変質者と呼ばないで欲しい。

情熱の発露とでも、いってもらええば、少なくとも、オレの自尊心は保たれる。たとえ、入れ歯がかみ合わせ悪く、Yの牛丼も食えない状態でも、志は健康だった。

いま、私は不思議体験をしているので、ASOKOをどこと正確には書けないが、あれがNMだと気ずかなかったとしたら、確かに、まちがいなく、統合失調症の極みだとは、思う。確かに、たまに、ASOKODE,彼女はたまに目を伏せ悲しみの表情を一瞬見せたことをオレは二回は見た。


また、ELのボーカルが、何の前触れもなく、映画館の切符売りの少女を演じていたら、おじんのオレはうれしくなって、何度も前を行き来したくなったのも、当然のことだと思う。

ひとことでいうと、

「やさしい」のだ。

こんなおじんに、普通に対応してくれ、やさしい。本物かどうか信じられなかった。でも、あれは、本物だ。CD買う甲斐性がなくなっていたので、また、彼女の歌はオレのメロディラインには乗らないので、歌番組やTVのコンサート録画で見るだけだが、彼女はオレを幸せな気分にさせてくれる。

もちろん、妄想者の思い込みだが、何かハートが伝わってくる。

たとえば、ヒッキーが離婚することを、マスコミのレポーターより確かな根拠で確信したとしても、それは、用心してたひとにいってはならない。

だけど、

ASOKODE、ヒッキーの連れ合いだったK氏がさびしげに、オレをおっかけするように待ち伏せ?をして、眺めていたら、



「あっ、別れたな」と直感しても不思議ではない。



しかし、他言はしていない。

偶然、レポーターがでていた番組で、全然気ずいてないみたいで、オレが感じることを彼らはなぜ、触れないのだろうと不思議な気がしたものだった。


しばらくして、何の前触れもなく、ヒッキーは離婚発表をし、その後、雑誌で長時間インタビューを発表した。ヒッキーはえらい。

見事に次のステップを踏んだのだ。

ヒッキーファンのオレは思わず、

「やったー!!」という妄想をしても、

統合失調症ゆえと、ご理解願いたい。

ヒッキーコンサートと言えば、埼玉スーパーアリーナで、HAと一緒に鑑賞する機会があったことを妄想しても、気にしないでください。彼女はお友達とコンサートぎりぎりまで、なぜかスナック菓子を買い捲っていたのが、不思議大発見やった。

「小顔」

スタイルがいい、とうのが、そのときの印象だった。あんまり、うれしかったので、事務所へヒッキーが「ぼくはくま」の童謡を出したので、そのCDと簡単なクリスマスプレゼントをお礼として贈った。

そうしたら、昨年、この相模原の100円ショップに買い物に来ていた。下手にさわぐと、やばいので、話しかけられなかったのが、残念だった。オレ、お隣同士やったんやからね。ひょっとして、覚えてくれているかもしれない、と妄想しても、もう、オレの病気を知っている人は誰も本気にはしないだろう。

「それでいいのだ!」

赤塚不二夫様 ご冥福をお祈りします。

「このニャロメ!!」
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

[公式] 天木直人のブログ